缶詰いわしと夏野菜の重ね焼き
  • 約25分
  • 約253kcal(1人分)

青魚不足の方におすすめ!夏野菜といわしの缶詰を丸ごと使った、栄養価の高い簡単おつまみレシピです。n-3系脂肪酸を豊富に含むいわしは、下処理要らずの缶詰を使用し、野菜と一緒に並べて大豆油をかけてオーブンで焼くだけです。おうち飲みの一品に◎

材料(2人分)

  • いわし(缶・水煮)1缶(150g)
  • なす80g
  • トマト240g
  • 大豆油小さじ1
  • (a) いわし(缶・水煮)の残り汁1缶分
  • (a) トマトケチャップ小さじ2
  • (a) おろしにんにく小さじ1/2
  • (a) おろししょうが小さじ1/2
  • 粉チーズ小さじ2
  • パン粉小さじ2
  • 大豆油大さじ1
  • パセリ(乾燥)適量

下準備

  • いわし缶は汁気を切り、横半分に切っておく(残り汁は取っておく)。
  • なすはヘタを除き、幅3mmの輪切りにし、水にさらし、水気を切っておく。
  • トマトはヘタを除き、幅5mmのいちょう切り。
  • (a)は混ぜ合わせておく。
  • オーブンに予熱を入れておく(200℃)。

作り方

  1. 耐熱皿の底に大豆油を塗り、なす・トマトを交互に並べる。
  2. 野菜の隙間にいわし缶をはさみ込み、(a)を回しかける。
  3. 粉チーズ・パン粉をふり、大豆油を全体に回しかける。
  4. 天板にのせてオーブンに入れ、焼く(200℃ 約15分)。
  5. パセリをちらす。

POINT

  • トマトは使用する耐熱皿の大きさに合わせて、いちょう切りもしくは半月切りにしましょう。
  • なす・トマトの他に、ズッキーニやじゃが芋などの野菜を入れるのもおすすめです。
  • いわしの缶詰の種類には、大豆を原料とした味噌や醤油の味付けもあるので、味を変えたアレンジもおすすめです。
  • いわしの水煮缶は汁ごと使うことがポイント。溶け出した脂分や栄養素を捨てずに摂取しましょう。

運営団体

アメリカ大豆輸出協会(U.S. Soybean Export Council:USSEC) は世界80ヶ国でアメリカ大豆の市場拡大や輸出のプロモーションをおこなうマーケティング機関です。USSECには優良な輸出業者・大豆生産者・政府機関・関連団体等がメンバーとして所属しております。

お問い合わせ

※ボタンを押すと当検定を管理運営しております株式会社アイ・イーシー宛てにメールフォームが開きます。お客様の個人情報については、お問い合わせへのご対応・CS分析、推進以外の目的では使用いたしません。あらかじめご了承ください。