とうもろこしの冷製豆乳ポタージュ
  • 約25分
  • 約155kcal(1人分)

旬の生のとうもろこしを使った、暑い夏にも食べやすい冷製ポタージュです。とうもろこしと玉ねぎを大豆油で炒めてミキサーにかけ、大豆油と相性の良い豆乳を合わせて冷やすだけ!とうもろこしの甘さと大豆のコクが合わさった、素材を味わうスープレシピです。

材料(2人分)

  • とうもろこし1本(正味150g)
  • 玉ねぎ1/4個
  • 大豆油小さじ1
  • (a) 水150cc
  • (a) コンソメ(顆粒)小さじ1
  • 調整豆乳100cc
  • 少々
  • 白こしょう少々
  • 大豆油小さじ1/2
  • パセリ(乾燥)適量

下準備

  • とうもろこしは皮付きのまま電子レンジで加熱する(500W 約5分)。粗熱を取り、皮を除き、実を削いでおく。
  • 玉ねぎは繊維に逆らった薄切り。

作り方

  1. 鍋に大豆油を熱し、玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める(中火)。
  2. とうもろこし・(a)を加え、沸騰したら弱火にし、フタをして煮る(約10分)。火を止め、粗熱を取る。
  3. ミキサーに②を入れ、滑らかになるまで攪拌し、裏ごしをする。
  4. ボウルに③・調整豆乳を加え混ぜ、塩・白こしょうで味をととのえ、冷蔵庫で冷やす。
  5. 器に注ぎ、大豆油を回しかけ、パセリをちらす。

POINT

  • 裏ごしをする一手間が滑らかさを生み出し、本格的なおいしいポタージュに仕上がります。
  • 冷房などで身体が冷える時は、スープを温めて食べるのもおすすめです。
  • とうもろこしの下処理は電子レンジ加熱がおすすめ。茹でる手間がないうえに、とうもろこしの甘味も増し、栄養成分の損失も少なくできます。
  • 豆乳に含まれるビタミンEは脂溶性ビタミンの為、油と摂取することで吸収率が高まります。

運営団体

アメリカ大豆輸出協会(U.S. Soybean Export Council:USSEC) は世界80ヶ国でアメリカ大豆の市場拡大や輸出のプロモーションをおこなうマーケティング機関です。USSECには優良な輸出業者・大豆生産者・政府機関・関連団体等がメンバーとして所属しております。

お問い合わせ

※ボタンを押すと当検定を管理運営しております株式会社アイ・イーシー宛てにメールフォームが開きます。お客様の個人情報については、お問い合わせへのご対応・CS分析、推進以外の目的では使用いたしません。あらかじめご了承ください。